年末年始の食生活

2018年12月01日

年末年始は「食」の誘惑が増す時期です。
「この時期だから仕方ない」と
あきらめるのではなく、
ちょっとした工夫で乗り越え、
年末年始を楽しみましょう。

 

1.昨年の年始を思い出す

 今までと違う1年のスタートにするためにも昨年の様子をふり返りましょう。
まずは…
昨年の年末年始をチェックしてみましょう。

 □ 普段よりアルコールを飲む機会が多かった。
 □ 夜遅くに食べる・飲むことが多かった。
 □ 「~ながら食い」をすることが多かった。
 □ 体重が増えた
 □ どんなイベントがあったか、誰とどんな食事をしたか覚えていない。


何個あてはまりますか?
今年はあてはまる数が減るように心がけましょう。

 

2.年末年始こそ計画的に!

食事会や宴会は「いつ・誰と・どのような会が・何回あるのか」を確認しておきましょう。
回数が多かったり、連日になってしまうと食生活が乱れるだけでなく、疲労もたまります。

 

3.体重チェックも忘れずに

増えてしまった体重は早いうちに手を打って元に戻しましょう。
食べてしまったら 「動く」 具体的に何分間何をする と対策をたてましょう。

 

4.特別な日の食事は記録する

記録といっても、何を何グラム食べたという食事記録ではありません。
写真でもメモでも何でもかまいませんので、「いつ・どこで・誰と・何を」どれぐらい食べたかを記録し、感想もメモすると良いでしょう。
また、食べ過ぎたなと思ったらチェックしてみるなど、「食べ過ぎ」を常に意識し、対策を考えましょう。